『言葉ははかない』がうまれるまで 10

☆ 2月に「主婦の友社」からの出版が決まり、写真集の製作がいよいよはじまり、そして迎えた3月ですね。

スピッツのツアー”とげまる2011″も3月27日埼玉県の三郷からはじまる予定だったけれど、311の震災が起きた。あれで、すべては停止しましたね。

☆震災当時はどこにいましたか?

自宅の2階にいて、家が倒れてしまうかと思ったほど揺れたよ。自宅はかなり被害を受けました。揺れが収まって外に出ると、近所の人たちがパニックになっ ててね。俺って、そういう時はなんだか冷静になっちゃうんだ。それで近所の方をなだめていたね。実は、ハイジャックに遭遇したことがあって。その時も隣の 方がパニック状態だったので、ずっとお話をしてましたね。

機体が揺れて急降下して、民家の洗濯物に届きそうなくらいだった。「あと2秒で墜落する」と覚悟をした。次の瞬間に急上昇をはじめて無事に空港に戻るこ とができたんだけれど、機長の方が亡くなられて、自分の生が誰かの犠牲や誰かの支えによって成り立っていることを、ものすごくリアルに感じたんだよね。 かっこいい言い方をすることを許してもらえば、一度死を覚悟したからには残りの人生は捧げてもいいと思った。そこからアフリカやカンボジアでの活動をはじ めたんだよね。もちろん、捧げてばっかりじゃないですけどね。

震災当日は、近所の人たちと助け合って作業をして、夕方になってやっと家に戻った。テレビを点けたら津波の映像が流れていた。それを見た時に、川原尚行 医師から連絡があるだろうなと漠然と思っていたんだ。アフリカのスーダンでの医療活動を続けている川原医師が、その時どこにいるかは知らなかったんだけ ど、俺が被災地に訪れるなら彼と一緒に行動するだろうなと思っていた。

☆スタートしたばかりの写真集の制作については、どう感じていました?

当時はそれどころではなかったね。目の前で起きていることにさえ、まったく対応できてないし。本当に何が起きているのか、何をすればいいのかわからなかった。でも俺に何ができるかわからなくても、被災地に行くんだろうなと思っていました。あくまで、カメラを持ってね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>